スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

犬には危険な食べ物!?

dog



実は犬を飼っているのですが(ちなみに柴犬です)、
犬が食べては駄目なものがあるのは、知っている人も多いと思います。

飼っている人は知っていると思いますが、
当然、自分も知ってるつもりだったのですが(チョコ、たまねぎ)、
調べてみたら結構多くの食材が駄目な部類に入っていたので驚きました。



犬が食べては駄目な物



ネギ類

 玉ねぎ、ネギ、ニラ、エシャロット、
 ラッキョウ、コンソメ(玉ねぎの成分が含まれる場合がある)

中毒物質
 アリルプロピルジスルファイド

原因
 この中毒物質の成分が犬の血液中にある赤血球のヘモグロビンに反応して
 変化させ赤血球を破壊してしまうからです。

症状
 胃腸障害、血尿、衰弱、動悸
 嘔吐、下痢、ハインツ小体性貧血

危険度
 高い



カカオ類

 チョコレート、 ココア

中毒物質
 テオブロミン

原因
 この中毒物質の成分が心臓や中枢神経に作用する
 毒素が含まれている。
 
症状
 不整脈、嘔吐、下痢、多尿、尿失禁、動悸、
 口の渇き、体温不調、痙攣、癲癇発作、急性心不全

危険度
 高い



ぶどう類

 レーズン、ブドウ(特にブドウの皮)

中毒物質
 現在は不明

原因
 現在は不明

症状
 嘔吐、下痢、腹痛、腎不全

危険度
 高い

補足
 ブドウを摂取しても、重い症状(腎不全から死亡するなど)の
 出る犬もいれば、平気な犬もいるそうです。
 最近の研究でわかったばかりなので、
 詳細なことはまだわかっていません。
 


アボカド

 アボカド(果実、種、葉)

中毒物質
 ペルジン

原因
 多量に摂取したときに発症する

症状
 下痢を含む胃腸の炎症、嘔吐、死亡の恐れ

危険度
 高い

補足
 ペットフードの原材料として使用されている
 アボカドがありますが、アボカドの種類どれくらいの量使用
 しているかによりますが、基本的に調整加工してあるので問題ないと思います。
  


マカデミアナッツ

 マカデミアナッツ

中毒物質
 不明

原因
 不明

症状
 嘔吐、 高熱、無気力、 筋硬直、ふるえ、
 動悸

危険度
 高い



キシリトール

 キシリトール(ガムなどによく使われている)

中毒物質
 キシリトール(甘味料の一種)

原因
 この中毒物質を摂取すると明らかなインスリンの分泌の促進がみられます。
 このインスリンの作用により逆に血糖値が急激に減少し,低血糖症状が起こる。

症状
 血糖値の減少、嘔吐、歩行困難、内出血、
 肝不全

危険度
 高い



ニンニク類

 ニンニク、ガーリックオイル、ガーリックパウダー、ショウガ

中毒物質
 アリルプロピルジスルファイド

原因
 ネギ類と同じだが中毒物質がネギ類ほど含まれてはいないため、
 少量であれば問題ないと言われているが、なるべく避けたほうがいい。

症状
 過剰に摂取すると、
 嘔吐、下痢、貧血、心不全、肝不全、アレルギー反応、
 接触性皮膚炎、咳、胃腸損傷

危険度
 中



カフェイン

コーヒー、紅茶、お茶、コーラ

中毒物質
 カフェイン

原因
 中枢神経への興奮作用

症状
 心臓や神経系の異常

危険度
 中

補足
 お茶は葉に含まれるカテキンが下痢止めとして効果があるので、
 少量であれば摂取可能です。



スルメ

 スルメ

原因物質
 スルメ

原因
 スルメは胃で水分を含み膨張します。
 この膨張したスルメが食道、胃、腸に詰まる可能性がある

症状
 胃腸障害など

危険度
 中



アルコール

 酒類

中毒物質
 アルコール

原因
 アルコール分解能力がない

症状
 嘔吐、下痢、 中枢神経系の抑制、ふるえ、昏睡
 アシドーシス

危険度
 中



イカ・タコ、貝類、甲殻類、 淡水魚

 「イカ、タコ」、「アワビ、トリガイ、サザエ、トコブシ」
 「生のコイ・マス・ニシン」、「エビ、カニ」

中毒物質
 酵素チアミナーゼ (アノイリナーゼ)

原因
 ビタミンB1の破壊物質(チアミナーゼ)が含まれるため、
  ビタミンB1(チアミン)欠乏症を発症する恐れがある。
 消化が悪い。

症状
 食欲低下、嘔吐、痙攣、神経障害

危険度
 中

補足
 主に猫がなりやすいらしい



骨付き肉

 硬い骨(鶏、魚など)

原因物質
 骨

原因
 骨付き肉を上げても犬の場合、
 良く噛まず飲み込んでしまい骨で喉を傷つけたり、
 消火器官を傷つけたりしてしまう

症状
 喉の炎症、胃腸障害、
 嘔吐

危険度
 中



生タマゴの卵白

 生タマゴの卵白

中毒物質
 アビジン

原因
 この中毒物質が生タマゴの卵白に含まれています、
 この物質はビタミンH(ビオチン)を破壊するので大量に摂取すると、
 ビオチン欠乏症になる恐れがあります。

症状
 皮膚炎、疲労、結膜炎
 
危険度
 低

補足
 この生タマゴの卵白は加熱すれば問題なくなり、
 栄養的にも優れています。どうしてもあげたいので
 あれば、加熱したら大丈夫なので加熱してから
 あげてください。



ほうれん草

 ほうれん草

原因物質
 シュウ酸

原因
 このシュウ酸が結石の原因になる

症状
 結石
 
危険度
 低

補足
 あげたい場合は生で与えたり過剰に与えないで下さい。
 このシュウ酸はアクに含まれる成分なので、アクを取ると
 シュウ酸を減らす事ができます。



青身魚

 サバ、アジ、イワシ

原因物質
 不飽和脂肪酸

原因
 この青身魚の不飽和脂肪酸を過剰に摂取すると、体内の脂肪が酸化して黄色脂肪症(イエローファット)になります。特にビタミンEが欠乏するとなりやすくなります。

症状
 皮膚の下にしこりができ、痛みを伴う事もある
 
危険度
 低

補足
 急性的に発症する病気ではなく、
 慢性的な食生活の偏りによって発症します。

 ですが、
 この不飽和脂肪酸自体は悪い成分ではありません。
 過剰に摂取しなければ、青身魚自体も体に良い食材の一つなので、
 過剰摂取だけは避けてください。




マグネシウム

 海苔、煮干し、鰹節、ミネラルウォーター
 
 
原因物質
 マグネシウム


原因
 マグネシウムを多量に含む食品を過剰に摂取したり、継続して摂取すると
 ストルバイト結石(尿結石)を形成しやすくなる。

症状
 下痢や泌尿器系の症状が出てくる。

 
危険度
 低




・それぞれ含まれる中毒物質の含有量が異なるため、
 症状はそのものによって異なります。

・犬の個体差により異なる場合もあります。

・危険度はあくまで目安です

・犬にとって悪い食材が猫にも
 ほぼ共通しているので
猫を飼ってる方にも役立つと思います。


詳細な情報は、ここから得られます(海外サイト)
 ↓
ASPCA (米国動物虐待防止協会 中毒事故管理センター)



スポンサーサイト
食事・栄養 | 【2012-06-11(Mon) 13:36:48】 | Trackback:(1) | Comments:(3) | [編集]

人間にとって食べ合わせの悪い食品!!

昔の言い伝えで食べ合わせの悪い食材があることを知っていたのですが。

はっきり言って、
まさか、食べ合わせの悪い食材がこんなにあったなんて!!

ちょっと、まとめてみました。



食べ合わせの悪いもの



蟹+柿


原因
 蟹には体を冷やす作用があります
 柿にも体を冷やす作用があります

作用
 蟹も柿も体を冷やすので、
 両食品を一緒に食べると身体を冷やします
 
症状
 内臓機能が低下してしまい、腹痛になる可能性がある。
 冷え性の人は症状が重くなる可能性がある。



枝豆・玄米・ごま + チーズ


原因物質
 チーズにはカルシウムが豊富に含まれています
 枝豆・玄米・ごまにはフィチン酸という成分が多く含まれています

作用
 このフィチン酸がカルシウムと結合してしまい
 カルシウムの吸収を妨げてしまいます。
  


ほうれん草+ チーズ


原因物質
 ほうれん草にはシュウ酸が含まれています
 チーズにはカルシウムが豊富に含まれています

作用
 ほうれん草にはシュウ酸が含まれており、
 カルシウムの吸収を妨げてしまいます



茄子の漬け物+冷たい蕎麦


原因
 ナスの漬け物は体を冷す作用があります
 そばには胃を冷やす作用があります

作用
 冷たいまま両者を食べるとより体を冷やすことになります
  
症状
 下痢をしたり手足が冷えてしまいます。

補足
 そばを加熱すれば緩和されます。
 体を温めるねぎや七味を加えるといいと思います。



豚肉+冷たい蕎麦


原因
 豚肉には体を冷やす作用があります
 そばには胃を冷やす作用があります

作用
 両食品を一緒に摂取すると、
 胃を冷やし栄養の吸収を妨げます。
 


酒 + 辛子


原因
 お酒に含まれるアルコール血行を促進させる作用があります。
 辛子などの辛いものも血行を促進させる作用があります。

作用
 両食品を一緒に摂取すると血行を
 促進させる作用があります。
  
症状
 かゆみが出る可能性があります。
 蕁麻疹、炎症、湿疹が出やすい人は注意してください。
 高血圧、糖尿病、高コレステロールなどの生活習慣病を引き起こす原因なりえます。
 
補足
 両食品を一緒に摂取する時は、体を冷やす作用のあるきゅうり、トマト、セロリなどを
 一緒に食べると緩和されます



トマト・大根・苺+きゅうり・人参


原因物質
 トマト・大根・苺にはビタミンCが豊富に含まれています。
 きゅうり・人参にはアスコルビナーゼ含まれています。

作用
 アスコルビナーゼには、ビタミンCを壊す作用があります。
 両食品とも体を冷やす作用もあります。
  
補足
 酢やレモンにはアスコルビナーゼの働きを抑えることができます
 アスコルビナーゼは熱に弱いので、加熱したらいいと思います。



レバー+みょうが


原因
 レバーには、新陳代謝を活発にする作用がある
 みょうがの苦味物質が胃腸の働きを抑えるため作用がある

作用
 両食品を一緒に摂取するとレバーの
 栄養素の吸収を妨げてしまう。



サンマ・挽肉+漬け物


原因物質
 サンマ・挽肉が加熱されるとジメチルアミン(二級アミン)というタンパク質が増加します。
 漬け物は漬けることによって野菜の時に含まれていた硝酸塩が亜硝酸塩に変化します。

作用
 両者が体内で出会うと、ニトロソアミンという、
 発ガン性物質を作り出します。
  


タラコ+ソーセージ


原因物質
 タラコにはジメチルアミンとメチルグアニンといった成分が多く含まれています。
 ソーセージには合成添加物の亜硝酸ナトリウムといった成分が含まれています。

作用
 両者が体内で反応するとジメチルニトロソアミン、メチルニトロソユリアという
 発ガン性物質を作り出します。
  


天ぷら・うなぎ+スイカ


原因
 スイカには水分が多く胃酸を薄めてしまいます。
 天ぷら・うなぎは油の多く含む食材です。

作用
 両食品を一緒に摂取すると胃液が薄まり
 消化不良を起こす可能性がある。
  
症状
 消化不良、下痢
 


赤貝+イクラ・強化米


原因物質
 赤貝にはアノイリナーゼが含まれています。
 イクラ・強化米のビタミンB1が含まれいます。

作用
 このアノイリナーゼと言う酵素がビタミンB1を破壊してしまいます。
  


ハム+ジャム


原因物質
 ハムには合成添加物の亜硝酸塩が含まれています
 ジャムには合成添加物のソルビン酸が含まれています

作用
 これらの亜硝酸塩とソルビン酸が
 体内で出会うと発ガン性物質を作り出します。
  


ひじき+カキ


原因物質
 カキには亜鉛が多く含まれています
 ひじきには食物繊維が含まれています

作用
 この食物繊維が亜鉛の吸収を妨げてしまいます。
  


ほうれん草+ベーコン


原因物質
 1・ほうれん草には硝酸が含まれています、
   この硝酸が体内に入ると亜硝酸に変化します。
   ベーコンには食品添加物である亜硫酸ナトリウムが含まれています。

 2・ベーコンには食品添加物のリン酸塩が含まれています
  ほうれん草には鉄分・カルシウムが豊富に含まれています。

作用
 1・この亜硝酸がベーコンのタンパク質が分解するとアミンができます、
   このアミンと反応し、発ガン性物質のニトロソアミンが作り出されます。

 2・このリン酸塩は鉄分やカルシウムの吸収を妨げます。

補足
 ビタミンCを一緒にとると亜硝酸は酸化窒素に変化しニトロソアミンに
 変化するのを抑えることもできます。 



イクラ+ベーコン


原因物質
 イクラには発色剤の亜硝酸塩が含まれています。
 ベーコンにはアミノ酸プロリンが含まれています。

作用
 この亜硝酸塩がアミノ酸プロリンに反応して
 発ガン疑惑物質が生じます。
  


紅茶+レモン


原因物質
 紅茶にはカフェインが含まれます。
 レモンの皮には防カビ剤(OPP)が使われています。

作用
 このカフェインと防カビ剤に反応して
 発ガン性物質を生じます。
  


しらす干し+大根


原因物質
 しらす干しには、必須アミノ酸のリジンが含まれます。
 大根には、リジンインヒビターが含まれています。

作用
 リジンインヒビターがリジンの吸収を
 阻害してしまいます。
 
補足
 このリジンインヒビターは加熱すると不活性化することができます。



ソース+ハム


原因物質
 ソースにはパラオキシ安息香酸エステル(パラベン)が含まれています。
 ハムには発色剤の亜硝酸塩が含まれるています。

作用
 このパラオキシ安息香酸エステルと亜硝酸塩が出会うと、
 発ガン疑惑物質が生じていまいます。
  


スイカ + ビール


作用
 スイカとビールを一緒に摂取すると、
 急性アルコール中毒を引き起こす可能性が高い
 らしいですから避けたほうがいいでしょう。
  


うなぎ+梅干


原因物質
 ウナギの脂
 梅干しの強い酸味

作用
 ウナギの脂と梅干しの強い酸味が刺激し合い、
 消化不良や下痢を起こすこともあるらしい。
  
症状
 消化不良、下痢
 


紅茶、コーヒー、緑茶+ひじき、プルー

ン、レバー



原因物質
 ひじき、プルーン、レバーには、鉄分を豊富に含みます。
 コーヒー、紅茶、緑茶にはタンニンが含まれています。

作用
 このタンニンは、鉄分の吸収を妨げてしまいます。
  
補足
 ビタミンCを一緒にとると、鉄分の吸収はよくなります。



炭酸水+ラムネ


作用
コーラなどの炭酸飲料ににラムネやメントスを入れると泡が噴出します。

 理由は、
 コーラなどの炭酸飲料には二酸化炭素という気体が溶けています
 このコーラなどは飽和している状態(限界の状態)なのです
 この状態に不均一核生成(液中に加えられた添加物や不純物などを
 活性点として泡を生成する)になり過飽和(限界を超えて溶けてしまう)
 が起こり本来の飽和状態に戻ろうとするためです。



ドリアン+アルコール


作用
 ドリアンの成分とアルコールが反応して急激に発酵し、
 胃が急激に膨張する時には胃が破裂して死に至ることさえあるらしい



・それぞれ含まれる物質の含有量が異なるため、
 症状はそのものによって異なります。

・個人差により異なる場合もあります。


こうして調べてみると、食べ合わせの悪い食材は沢山あるのですが、
大半の食べ合わせは大丈夫だと思います、食べ合わせが悪いからといって
食べれないということはありません。炭酸飲料とラムネなどの例外もありますが、
多量に摂取すると腹痛などを起こす場合もあると思いますが、普通に食事する場合は
気にしなくていいと思います。あくまで気をつける程度でいいと思います。



食事・栄養 | 【2009-07-13(Mon) 22:07:51】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

脳への唯一のエネルギーはブドウ糖だけ!?

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


食事・栄養 | 【2009-06-13(Sat) 08:05:51】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © 気になった本などの紹介ブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。