スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

虹の出来る方向には法則がある!?

虹といえば雨が降っている時や雨上がりの時などの、
空気中にたくさんの水滴(水の粒)があるときによく見ますよね。

しかし、
この虹の出る方向には法則があるのです。
答えから言うと、朝は西の空夕方は東の空にでます


その理由は、
虹は太陽光が水滴にや反射や屈折して7色()に分けられます。

この光の説明はこちらを確認してください→ここ

この水滴がプリズム(光を屈折・分散させるレンズ)の役割をするので、
光が分解されて虹の帯(スペクトル)になる。

dd
図のように赤より紫の方が大きく屈折します。

スペクトルの範囲の説明は光の説明の所と同じ場所に書いてあります。
        ↓
        ここ


hgfdl

この虹(主虹)には見える角度があります、上の図のように太陽光が
水滴に当たりこの水滴がプリズムの役目を果たして虹の帯が観測者の目に
届きますこの見える角度が42度の位置なのです。

太陽が高い位置にあると分解された光は地上にいる観測者に届きません。
40~50度よりも低い位置にあると、観測者から遠い水滴を通ってくるため、
大きな虹が見ることが出来ます。

このため、虹は太陽の反対側にみられるのです。
観測者が虹を見ている時は太陽からの反射した光が
目に入ってきている訳ですから、観測者の後ろに太陽があるのです。

つまり、朝の虹は西の空に、
    夕方の虹は東の空に見ることになります。

ちなみには太陽の位置が高いため虹はほとんど見れません。
例外として冬は日中でも太陽の位置が低いため,北の空に虹を見ることができます。


ちなみに
虹が半円なのは太陽が観測者と正反対の方向にあるので
地平線までしか見えないのです。
虹の下のほう(地上に近い場所)などは塵埃などで見えなくなっています。

つまり、
虹自体は円なのです。
飛行機から虹を見たら360°の円に見えることがあります。



関連記事
スポンサーサイト
雑学・コラム | 【2009-08-03(Mon) 12:01:21】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 気になった本などの紹介ブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。