スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

脳の健康 頭によいこと、わるいこと

脳の健康―頭によいこと、わるいこと (ブルーバックス)脳の健康―頭によいこと、わるいこと (ブルーバックス)
(2002/02)
生田 哲

商品詳細を見る

購入する方はこちらへ


脳のことを知らない人でも楽しんで読める内容になっている。
脳のこと詳しく学ぼうと思っている人には、ちょっと物足りないかも知れませんが、
書いてあることはすごくためになる。

脳の雑学本としても楽しめる。

第1章 脳の構造とはたらき
1-1 健康な脳とは?
1-2 脳のしくみ
1-3 心を生む神経ネットワークと伝達物質
1-4 頭のよし悪しを決めるもの
第2章 脳の誕生
2-1 脳の発生
2-2 脳の成長にかかわる因子
2-3 脳の発達異常
第3章 脳を育てる
3-1 誕生直後の脳の発達
3-2 脳によいこと・わるいこと
3-3 臨界期の重要性
第4章 からだをつかって脳を鍛える
4-1 脳によい栄養と眠り
4-2 運動で脳を鍛える
第5章 頭をつかって脳を鍛える
5-1 「やる気」を起こす
5-2 考える力を鍛える
第6章 脳を守る
6-1 頭を冷やす
6-2 頭を打たない
6-3 脳血管を守る
第7章 ボケない脳
7-1 酒とタバコを控える
7-2 アルツハイマー病を予防する
7-3 脳の健康を守る生き方


個人的に、驚いたことは、

女が変身して男になる
ちょっと意味がわかりませんよね
人間は、受胎後5週めまでは外見的には男女の区別はつきません
このまま成長すると女性になります、
男性の場合は6週めぐらいになると劇的に変化がおこります。
アンドロゲンという男性ホルモン作られて、血液に乗って全身にまわります、
これによって、男性の体になっていくのです。
つまり、アンドロゲンにより、女の脳になるはずだった脳から、男の脳が作られるのです
ということは、アンドロゲンを多く浴びたら、より男性的な脳に、あまり浴びなかったら女性的な脳になる可能性があるのです。

揺さぶられっ子症候群
これは、新生児や乳児の体を過度に揺することで発生する。
泣き止まない子を黙らせようと、少し乱暴に揺さぶると、その後に痙攣を起こしたり、脳死にいたることもある。
赤ん坊は1歳すぎるまでは、強く揺するようなあやしかたは危険である。
両手で抱え、急激に持ち上げゆっくり下ろすことを繰り返すことも、危険である。

あやしかたの一つとしての「高い高い」も、危険だったのはちょっと衝撃的でした。


関連記事
スポンサーサイト
脳科学 | 【2009-03-22(Sun) 18:57:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

脳に効く栄養 クスリに頼らず「脳と心」を健康にする!

脳に効く栄養―クスリに頼らず「脳と心」を健康にする!脳に効く栄養―クスリに頼らず「脳と心」を健康にする!
(2005/03)
マイケル レッサー阿部 博幸

商品詳細を見る

購入する方はこちらへ 



最近、メタボリックシンドロームなど食事に関する話を
よく聞くので、自分の食事は大丈夫か
心配になって買ってしまいました。

食べたものが思考と行動を左右する、という内容で
400ページ以上もあってちょっと分厚い。

今の自分のタイプは、
下の六つの脳タイプの、どのタイプになるか質問に答えて、でた


ストイック・タイプ

ガーディアン・タイプ

ウォリア・タイプ

スター・タイプ

ドリーマー・タイプ

ラバー・タイプ


タイプごとに

「うつ症状や気分障害など、どの症状になりやすいか」
「食べ物ガイド」、「食べ方ガイド」など

改善策を、表などをまじえて
細かく書いてあってわかりやすい。

まさか食事が、精神症状を発症させるかもしれないなんて、全く知りませんでした。

これからは食事にも気をつけなければ・・・・



関連記事
脳科学 | 【2009-01-13(Tue) 23:33:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 気になった本などの紹介ブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。