スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

脳と心をあやつる物質 微量物質のはたらきをさぐる

脳と心をあやつる物質―微量物質のはたらきをさぐる (ブルーバックス)脳と心をあやつる物質―微量物質のはたらきをさぐる (ブルーバックス)
(1999/10)
生田 哲

商品詳細を見る 

購入される方はこちら

脳と心に恐怖や快楽といった根本的な感情もたらすものは、
その場の状況や薬や食べ物が大きく関係している、
しかし、どの食べ物や薬が脳と心にどのように作用するか分かれば
ある程度コントロールできるかもしれない

この薬や食事によって脳内で
どのような神経伝達物質が流れ働いているかで心がわかる

目次

第1章 生きている脳
1.1 脳と心のしくみ
1.2 心をつくる物質
1.3 脳と心に効く物質

第2章 脳内物質のアンバランス
2.1 神経シグナルの正体
2.2 モノアミンのはたらき
2.3 セロトニンの効果
2.4 炭酸リチウム
2.5 ベンゾジアゼピン
2.6 ドーパミンとパーキンソン病
2.7 ドーパミンと精神分裂病
2.8 アセチルコリンとアルツハイマー病

第3章 心を変える身近な物質
3.1 カフェイン
3.2 プロスタグランジン
3.3 アスピリン
3.4 大衆薬に含まれる物質
3.5 メラトニン

第4章 食べ物で心が変わる
4.1 アミノ酸
4.2 糖類
4.3 ミネラルの効用
4.4 カプサイシン
4.5 薬と食べ物


専門的な知識がなくても理解できる本だと思います
脳内で多くの神経伝達物質が働いている
この伝達物質を理解することで自分の心を少しでも理解できる本だと思います。



関連記事
スポンサーサイト
脳科学 | 【2009-05-16(Sat) 14:17:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 気になった本などの紹介ブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。