スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

犬には危険な食べ物!?

dog



実は犬を飼っているのですが(ちなみに柴犬です)、
犬が食べては駄目なものがあるのは、知っている人も多いと思います。

飼っている人は知っていると思いますが、
当然、自分も知ってるつもりだったのですが(チョコ、たまねぎ)、
調べてみたら結構多くの食材が駄目な部類に入っていたので驚きました。



犬が食べては駄目な物



ネギ類

 玉ねぎ、ネギ、ニラ、エシャロット、
 ラッキョウ、コンソメ(玉ねぎの成分が含まれる場合がある)

中毒物質
 アリルプロピルジスルファイド

原因
 この中毒物質の成分が犬の血液中にある赤血球のヘモグロビンに反応して
 変化させ赤血球を破壊してしまうからです。

症状
 胃腸障害、血尿、衰弱、動悸
 嘔吐、下痢、ハインツ小体性貧血

危険度
 高い



カカオ類

 チョコレート、 ココア

中毒物質
 テオブロミン

原因
 この中毒物質の成分が心臓や中枢神経に作用する
 毒素が含まれている。
 
症状
 不整脈、嘔吐、下痢、多尿、尿失禁、動悸、
 口の渇き、体温不調、痙攣、癲癇発作、急性心不全

危険度
 高い



ぶどう類

 レーズン、ブドウ(特にブドウの皮)

中毒物質
 現在は不明

原因
 現在は不明

症状
 嘔吐、下痢、腹痛、腎不全

危険度
 高い

補足
 ブドウを摂取しても、重い症状(腎不全から死亡するなど)の
 出る犬もいれば、平気な犬もいるそうです。
 最近の研究でわかったばかりなので、
 詳細なことはまだわかっていません。
 


アボカド

 アボカド(果実、種、葉)

中毒物質
 ペルジン

原因
 多量に摂取したときに発症する

症状
 下痢を含む胃腸の炎症、嘔吐、死亡の恐れ

危険度
 高い

補足
 ペットフードの原材料として使用されている
 アボカドがありますが、アボカドの種類どれくらいの量使用
 しているかによりますが、基本的に調整加工してあるので問題ないと思います。
  


マカデミアナッツ

 マカデミアナッツ

中毒物質
 不明

原因
 不明

症状
 嘔吐、 高熱、無気力、 筋硬直、ふるえ、
 動悸

危険度
 高い



キシリトール

 キシリトール(ガムなどによく使われている)

中毒物質
 キシリトール(甘味料の一種)

原因
 この中毒物質を摂取すると明らかなインスリンの分泌の促進がみられます。
 このインスリンの作用により逆に血糖値が急激に減少し,低血糖症状が起こる。

症状
 血糖値の減少、嘔吐、歩行困難、内出血、
 肝不全

危険度
 高い



ニンニク類

 ニンニク、ガーリックオイル、ガーリックパウダー、ショウガ

中毒物質
 アリルプロピルジスルファイド

原因
 ネギ類と同じだが中毒物質がネギ類ほど含まれてはいないため、
 少量であれば問題ないと言われているが、なるべく避けたほうがいい。

症状
 過剰に摂取すると、
 嘔吐、下痢、貧血、心不全、肝不全、アレルギー反応、
 接触性皮膚炎、咳、胃腸損傷

危険度
 中



カフェイン

コーヒー、紅茶、お茶、コーラ

中毒物質
 カフェイン

原因
 中枢神経への興奮作用

症状
 心臓や神経系の異常

危険度
 中

補足
 お茶は葉に含まれるカテキンが下痢止めとして効果があるので、
 少量であれば摂取可能です。



スルメ

 スルメ

原因物質
 スルメ

原因
 スルメは胃で水分を含み膨張します。
 この膨張したスルメが食道、胃、腸に詰まる可能性がある

症状
 胃腸障害など

危険度
 中



アルコール

 酒類

中毒物質
 アルコール

原因
 アルコール分解能力がない

症状
 嘔吐、下痢、 中枢神経系の抑制、ふるえ、昏睡
 アシドーシス

危険度
 中



イカ・タコ、貝類、甲殻類、 淡水魚

 「イカ、タコ」、「アワビ、トリガイ、サザエ、トコブシ」
 「生のコイ・マス・ニシン」、「エビ、カニ」

中毒物質
 酵素チアミナーゼ (アノイリナーゼ)

原因
 ビタミンB1の破壊物質(チアミナーゼ)が含まれるため、
  ビタミンB1(チアミン)欠乏症を発症する恐れがある。
 消化が悪い。

症状
 食欲低下、嘔吐、痙攣、神経障害

危険度
 中

補足
 主に猫がなりやすいらしい



骨付き肉

 硬い骨(鶏、魚など)

原因物質
 骨

原因
 骨付き肉を上げても犬の場合、
 良く噛まず飲み込んでしまい骨で喉を傷つけたり、
 消火器官を傷つけたりしてしまう

症状
 喉の炎症、胃腸障害、
 嘔吐

危険度
 中



生タマゴの卵白

 生タマゴの卵白

中毒物質
 アビジン

原因
 この中毒物質が生タマゴの卵白に含まれています、
 この物質はビタミンH(ビオチン)を破壊するので大量に摂取すると、
 ビオチン欠乏症になる恐れがあります。

症状
 皮膚炎、疲労、結膜炎
 
危険度
 低

補足
 この生タマゴの卵白は加熱すれば問題なくなり、
 栄養的にも優れています。どうしてもあげたいので
 あれば、加熱したら大丈夫なので加熱してから
 あげてください。



ほうれん草

 ほうれん草

原因物質
 シュウ酸

原因
 このシュウ酸が結石の原因になる

症状
 結石
 
危険度
 低

補足
 あげたい場合は生で与えたり過剰に与えないで下さい。
 このシュウ酸はアクに含まれる成分なので、アクを取ると
 シュウ酸を減らす事ができます。



青身魚

 サバ、アジ、イワシ

原因物質
 不飽和脂肪酸

原因
 この青身魚の不飽和脂肪酸を過剰に摂取すると、体内の脂肪が酸化して黄色脂肪症(イエローファット)になります。特にビタミンEが欠乏するとなりやすくなります。

症状
 皮膚の下にしこりができ、痛みを伴う事もある
 
危険度
 低

補足
 急性的に発症する病気ではなく、
 慢性的な食生活の偏りによって発症します。

 ですが、
 この不飽和脂肪酸自体は悪い成分ではありません。
 過剰に摂取しなければ、青身魚自体も体に良い食材の一つなので、
 過剰摂取だけは避けてください。




マグネシウム

 海苔、煮干し、鰹節、ミネラルウォーター
 
 
原因物質
 マグネシウム


原因
 マグネシウムを多量に含む食品を過剰に摂取したり、継続して摂取すると
 ストルバイト結石(尿結石)を形成しやすくなる。

症状
 下痢や泌尿器系の症状が出てくる。

 
危険度
 低




・それぞれ含まれる中毒物質の含有量が異なるため、
 症状はそのものによって異なります。

・犬の個体差により異なる場合もあります。

・危険度はあくまで目安です

・犬にとって悪い食材が猫にも
 ほぼ共通しているので
猫を飼ってる方にも役立つと思います。


詳細な情報は、ここから得られます(海外サイト)
 ↓
ASPCA (米国動物虐待防止協会 中毒事故管理センター)



関連記事
スポンサーサイト
食事・栄養 | 【2012-06-11(Mon) 13:36:48】 | Trackback:(1) | Comments:(3) | [編集]

Copyright © 気になった本などの紹介ブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。