スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

頼み事は右耳のほうが有利!?

誰かに頼み事を聞いてほしいなら、
左耳に比べて右耳のほうが頼み事された場合の
承諾率が2倍になるということが、イタリアの調査でわかったそうです。

3種類の実験を実施したところ、左耳に比べて右耳で聞いた
情報のほうが処理が優れていることがわかったらしいです。


実験の内容は、
・大音量の音楽が流れているクラブで会話をしている286人に観察したところ、
  合計で72%の聞き手が右耳を利用していることがわかりました。

・クラブにいる160人の人に、調査員が聞き取りにくい全く意味のない音を聞かせ、
  「タバコを1本ください」と言った時にどちらの耳で振り向くかというテストをしました。
  すると58%の人が右の耳で振り向いて、後の42%が左の耳からでした。

・調査員がクラブ客176人に「タバコを1本ください」と右耳と左耳で同じように尋ねたら、
  右耳に話しかけられた人のほうが、左耳に話しかけられた人より多くのタバコを貰え
  たのです。


この実験結果で人間が音を処理するのに脳内では別々に処理されていることがわかる、
人間は音を右耳で聞きとる傾向があり、右耳と左耳の両耳に音を与えると
右耳に入ってきた音のほうを優先する傾向がある。

言語処理の大部分が脳の左半球で処理が行われるためとされています、
そのため電話の時に右耳にあてる人が多いそうです。メモを取る人などは左耳で
聞く人が多いようです。


相手に頼み事がある場合は右耳の方に頼んだ方が、
 相手の脳にストレートに受け入れてもらえるとしています。

説得や頼み事する場合には、
相手の右耳に向けて話すと相手に素直に聞いてもらえるかもしれません。

ただし、研究結果の一つなので必ずしも効果があるという訳ではないと思いますが、
試してみる価値はあると思います。



関連記事
スポンサーサイト
心理テクニック | 【2009-07-09(Thu) 20:19:32】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

Copyright © 気になった本などの紹介ブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。