スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

なぜカルテ(診療録)を日本語で記載しないのか?

なぜ医者はカルテに日本語だけではなく、
英語やドイツ語も使って記載するのか
気になっている人もいると思います。


カルテの言い方は下記のようになっています。

日本語で言えば  ⇒ 「診療録」

英語で言えば   ⇒ 「medical record」

ドイツ語で言えば ⇒ 「Karte」



このように様々な言い方がありますが、
なぜ日本語で記載しないのでしょうか。

もしかすると
日本語で記載してはいけないことになってるのでしょうか。

しかし、
そのような決まりは、ないようです

日本語で記載しようが、英語で記載しようが、
ドイツ語で記載しようがかまわないのです。



ではなぜ
日本語で記載しているカルテをあまり見ないのでしょうか。

その理由として以下のことが挙げられます。


明治時代の日本はドイツ医学の影響をうけている。
 そのためドイツ語を使うことが多い。


患者の人などに病名をわからないようにするため
 病気によっては癌などのすぐに知らせないほうがいい
 病気もあります。 
 
 その場合、カルテに日本語でそのまま記載してしまうと
 患者がそのカルテを見てしまった場合、余計な心配や不安などを
 患者に与えてしまわないための配慮などがあります。


病名によっては日本語で書くと長文になってしまうなどの理由が
 あるため、ドイツ語や英語などを使い分けて記載するためです。


 病名の腹痛を英語で書けばabdominal pain略してabd.painと
 書いたりします、ちなみにドイツ語では、Bauchshmerzenと
 書きます。日本語の場合、風邪は上気道感染などと書いたり
 しますが英語で書けばupper respiratory infectionとなります
 これを略してURIと言われたりもします。

 開業医と総合病院などではまた記載の仕方が違ってきます。



病名を英語やドイツ語などで書いてそれ意外は日本語で記載する
こともあるようです。日本語で記載する医者も当然います。

しかし、
最近は電子カルテ化が進んでいるので医師が自分で
書くことは減ってきている。



関連記事
スポンサーサイト
雑学・コラム | 【2010-03-16(Tue) 15:04:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 気になった本などの紹介ブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。